スポンサーリンク

経済・金融ニュース

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

日銀は18─19日開催の金融政策決定会合で生産の判断を下方修正する方向で検討する。複数の関係者が明らかにした。

コラム:アラムコIPO、サウジの石油依存強める皮肉

[ロンドン 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが5日、ついに256億ドル(約2兆7900億円)の資金調達にこぎ着けた。これでサウジ政府は幸せな気分を味わえると言いたいところだが、現実は恐らく違うだろう。なぜならアラムコ上場は、本来の意図とは正反対の事態をもたらしたからだ。

アングル:ブレグジットが追い風に、パリ高級不動産が急騰

英国の投資家、ロバート・ドレーク氏は、パリ中心部・エリゼ宮近くの高級マンション内の1戸を200万ユーロ(約2億4000万円)で購入した。超低金利という環境や価格面の妙味に加え、英国の欧州連合(EU)離脱後に欧州大陸の不動産価値は高まるという確信が背中を押した。

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

米国企業による社用ビジネスジェットの利用が金融危機前の水準に近づき、経営者や上級幹部たちが会社経費で社用機を私用に使う例も増えているなかで、こうした特権にいくらのコストがかかっているか、その実態は多くの投資家の目から隠されたままとなっている。

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密作戦が奏功

情報がリークされることで名高くセキュリティー上の手落ちも多い米ホワイトハウスが、先週のトランプ大統領によるアフガニスタン電撃訪問では、いつになく用意周到だった。秘密裏に事を進めるのに成功。大統領が機上にいる間に、準備してあったツイートを投稿するなどして、訪問が狙い通りの形で報道されるよう策を練ったと政権高官らは語る。

コラム:米国の格差是正問題、その先に見える「金利上昇の世界」=門間一夫氏

米国の2020年大統領選挙に向けて、各党の候補者選びが本格化する。共和党は、現職のトランプ氏が再選を目指す。混戦が続く民主党では、有力候補のうち、サンダース上院議員、ウォーレン上院議員が富裕税の導入を主張している。

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通知

ホワイトハウスは6日、米議会に対し、来週下院司法委員会で予定されているトランプ米大統領に対する弾劾公聴会への参加を拒否すると通知した。

アングル:中国、豚肉高騰で飲食業界が窮地 代替メニューにも限界

中国東部の青島市で「ポークリブご飯」を提供するレストランを経営するCao Xianliさんは、この10年で最大の正念場を迎えている。豚肉価格高騰で昨年の仕入れコストが2倍になっただけでなく、看板料理に必要な豚肉をこの先十分に確保できるかどうか分からなくなっているからだ。

オバマ前政権の燃費基準を来年撤回、新規則策定へ=トランプ氏

トランプ米大統領は6日、オバマ前政権が定めた燃費基準を来年にも撤回し、新規則を策定する方針を示した。

米株続伸、堅調な雇用統計や通商合意巡る楽観的見方で

米国株式市場は続伸。堅調な米雇用統計や米中通商合意を巡る楽観的な見方を追い風にリスク選好の動きが強まった。

スポンサーリンク