スポンサーリンク

経済・金融ニュース

日銀、金融政策の据え置き決定 海外経済巡る下振れリスクを注視

日銀は19─20日に開いた金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度とする長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)付き量的・質的金融緩和政策の現状維持を賛成多数で決定した。景気の総括判断は「基調としては緩やかに拡大」で据え置いたが「海外経済を巡る下振れリスクは大きい」とし、企業や家計のマインドに与える影響を注視していく姿勢を示した。

コラム:米FRB、利下げの最終判断はやはり「データ次第」

[ニューヨーク 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領は今週、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長の降格案について質問されると「彼の行動を見守ろう」と語った。そして19日までの連邦公開市場委員会(FOMC)で、パウエル氏ら政策担当者は、トランプ氏が望む利下げではなく、政策金利をまた据え置くことを決めた。

正午のドルは107円半ば、5カ月半ぶり安値

正午のドルは前日NY市場終盤の水準から円高の107円半ば。一時107.55円まで下落し、今年1月4日以来5カ月半ぶり安値をつけた。

コラム:米FB参入で仮想通貨再び、時代のあだ花か先駆者か=大槻奈那氏

[東京 20日] - 米フェイスブックが独自の仮想通貨(暗号資産)「リブラ(Libra)」を18日正式発表した。開発プロジェクトにかかわる企業の豪華な顔ぶれが報じられた15日、ビットコイン<BTC=BTSP>は1年1カ月ぶりとなる100万円の大台に乗せた。

米FRB、年内利下げ示唆 「忍耐強く」の文言削除

米連邦準備理事会(FRB)は18─19日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定した。ただ不確実性の増大などに対応するため年内に最大0.5%ポイントの利下げが実施される可能性があることも示唆し、前回会合からの見解のシフトが鮮明になった。

サウジ外相、記者殺害巡る国連報告者の見解を一蹴

サウジアラビアのジュベイル外相は19日、トルコのサウジ総領事館内でサウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏が昨年殺害された事件で、サウジのムハンマド皇太子らが関与した証拠があるとする国連のカラマール特別報告者の見解を一蹴した。

FRBが金利据え置き、年内利下げ示唆:識者はこうみる

米連邦準備理事会(FRB)は18─19日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定した。ただ不確実性の増大などに対応するために年内に最大0.5%ポイントの利下げが実施される可能性があることも示唆した。

前場の日経平均は続伸、米国株高を好感 円高は上昇抑制

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比130円23銭高の2万1464円10銭となり、続伸した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内の利下げを示唆。米国株が上昇した流れを引き継ぎ、日本株も買いが先行した。ドル/円は一時107円半ばまで下落し、1月4日以来のドル安/円高をつけたものの、日本株はプラス圏を維持した。市場の関心は月末の米中首脳会談に向かっている。

来週のG20首脳会議でロシア大統領と会談=米大統領

トランプ米大統領は19日、来週大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議でロシアのプーチン大統領と会談すると明らかにした。

合意なきEU離脱、英国の統一性や経済的繁栄脅かす=英財務相

ハモンド英財務相は20日に予定される演説の原稿で、与党・保守党の党首選の候補者らに対し、欧州連合(EU)との合意がないまま離脱を強行すれば、国が分断され、緊縮策を終わらせるために必要な財政の余裕も失われることになると警告した。

スポンサーリンク