スポンサーリンク

経済・金融ニュース

焦点:中間選挙、激戦アリゾナが脅かす民主党「上院奪還」の夢

アリゾナ州の民主党上院議員候補カイルステン・シネマ氏が今年の大半を費やして展開してきた選挙活動は、米国で最も優れたものだという評価を得ている。だが、米中間選挙まで残り1カ月を切る中で、同候補が先頭でゴールできるか疑問が生じている。

コラム:アップルとグーグル、切っても切れない「カネの縁」

[ニューヨーク 17日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏はかつて、自社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」に搭載されたソフトウエアを模倣したとして、グーグルと「熱核戦争も辞さない」と語ったという。

アングル:米国でAI技術者の争奪戦、超売り手市場で賃金上昇

次世代の技術系社員の採用を目指す企業数十社が9月、米カリフォルニア大学バークレー校で開かれた電気工学とコンピューター科学分野の学生向け就職フェアに集まった。

コラム:「為替条項」は杞憂、来年ドル120円突破へ=池田雄之輔氏

[東京 19日] - 9月半ばから上昇基調が鮮明となったドル円は、10月に入り11カ月ぶりに一時114円台へ上昇した。その後、決算発表前の利食い売りとみられる米株の急落に見舞われ、111円台まで調整したが、来年まで見据えた場合、ドル高・円安の余地は大きく拡大している。

コラム:株安は不吉な予言か、金融市場の「呪い」に要注意

[ロンドン 17日 ロイター Breakingviews] - 金融市場にはプロスポーツの世界と共通する要素がいくつかある。投資家もファンも勝ち組になることを切望し、敗北には落胆する。

コラム:サウジ問題で表面化する「米国凋落」

サウジアラビアを巡る米国の板ばさみ状態を説明した際のトランプ米大統領の表現は、極端に「もうけ最優先」だった。

焦点:「アジアのデトロイト」でスト頻発、インド雇用創出に打撃

バイクの製造拠点であるインドの2都市で労働紛争が増え、モディ政権が約束する雇用創出の難しさを浮き彫りにしている。

コラム:中国のリチウム囲い込みにチリが「黄信号」

[シンガポール 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 充電して繰り返し使用できる電池の原料確保に向けた中国の戦略が、チリで黄信号に直面している。

ブログ:インドネシア地震、帰らぬ「最愛の人」を想う

木の梁(はり)が、粉々に砕けたコンクリートのがれきの山からあり得ない角度で突き出している。辺りには壊れたオートバイや、つぶれた鍋やボロボロになったノート、ぬいぐるみなどの家庭用品が至るところに散乱している。

焦点:英国にようやく自動化の波、ブレグジットで人材難

英南部レティッチにあるミュラー・プレシジョン・エンジニアリングの工場で、ジェームス・ギブスさんは、ガタゴトと動く3台の機械を担当している。彼が生まれるより前に製造された古い機械だ。

スポンサーリンク